Home>新着情報>商品情報>㈱サンゲツは「2024-2028 UP」を2月8日(木)発売

新着情報

㈱サンゲツは「2024-2028 UP」を2月8日(木)発売

2024/01/30  商品情報

株式会社サンゲツは、椅子生地総合見本帳「2024-2028 UP」を2月8 日(木)に発刊します。

椅子生地は、椅子やソファ等家具の仕上げとして、住宅から商業施設・オフィス等の非住宅分野まで幅広く使用できる商品です。人気の高い軽やかでシンプルなインテリアスタイルに対応するため、同見本帳では、さまざまな空間でコーディネートしやすくコストパフォーマンスに優れる無地調の商品を大幅に増点しました。また、日常の汚れを落としやすい機能性商品や、屋外での使用が可能な商品も拡充しました。多様なコーディネートで空間にさまざまなストーリーをもたらす、148柄1,130点のラインアップです。

同見本帳では、業界ナンバーワンの150点に及ぶカラーバリエーションと、圧倒的なコストパフォーマンスを両立したビニル製の新商品「カラーレザー」をはじめ、質感や色にこだわった商品を多数収録し、コーディネートの参考になる配色イメージ集も掲載しています。また、ファブリック商品においても、水だけで簡単にお手入れできる「アクアクリーン」をはじめとする機能性商品の点数を拡充したほか、低環境負荷商品も増点しました。そして、椅子生地と空間のコーディネートを意識した施工例写真や、新たに実装したデジタルコンテンツ「椅子生地張り替えシミュレーション」で視覚的なイメージをサポート。コストやデザイン、機能といった商品そのものはもちろん、椅子生地がもたらす空間づくりの魅力がつまった見本帳です。

 

「 2024-2028 UP」の特長

1.業界ナンバーワンの多色展開と圧倒的なコストパフォーマンスを誇る新商品

 ビニル製の新商品「カラーレザー」は、業界最多色展開の150色、生地上代1,800円/mと、色数・コストパフォーマンスに優れたシリーズです。さまざまな空間で使いやすいベージュやグレーといったニュートラルカラーを拡充し、細かなカラー要望に応えられるバリエーションとしました。また、巻頭企画「Color Storyʼs」では、「カラーレザー」シリーズからインスピレーションを受けた15種類のカラースキームを掲載しています。「パリのアパルトマン」「おもたせの和菓子」などと題したユニークなカラースキームは、空間コンセプト提案や、椅子だけではなく壁や床など空間全体のコーディネートのヒントにしていただけます。そのほかファブリック素材でも、糸の種類や織り方に工夫を施し、デザインとコストパフォーマンスの高い新商品を拡充しました。コスト・色合い・質感といった、商品選びのさまざまなニーズに応える豊富なラインアップです。

2.幅広いシーンに使える、メンテナンス性にも優れた機能性商品

 椅子やソファといった日常的に使う家具は、汚れの落としやすさや衛生面での機能も重要です。メンテナンス性の高い機能性商品「アクアクリーン」では、普段の生活で付きやすい飲食物、皮脂汚れや泥、ペットのフンといった汚れに至るまで、水だけで簡単に落とすことができます。「アクアクリーン」シリーズは、2016年の発売以降、多くのご評価をいただいており、同見本帳では10柄100点と柄・点数ともに拡充しました。さらに、抗ウイルス機能を持つ新商品を2柄掲載し、より衛生的で安心・安全な空間づくりを提案します。また、近年のアウトドアブームやさまざまなイベントの再開・活性化を受け、アウトドア用の家具やキャンピングカーのシート、スタジアムの観客席等に最適な耐候性商品も増点しました。

「アクアクリーン」紹介ページ

https://www.sangetsu.co.jp/newproduct/aquaclean/ (2月8日よりリニューアル)

3.さまざまな空間で使いやすい低環境負荷商品を拡充

漁網やカーペット廃材などを再利用した100%リサイクル糸「エコニール (R)」を採用した「ナイスト」や、生産工程での水使用量やCO₂排出量が少ないため環境にやさしく、色落ちしにくく長く使える原着ポリエステル糸「モコフィーロ」を採用した「トランぺ」、再生糸を100%使用した「ムーモル」といった低環境負荷商品を、前見本帳よりも増点しています。環境に配慮しながら、一般品と同様の価格設定とすることで、より使いやすい商品としています。

 

「2024-2028 UP」デジタルカタログ

https://contents.sangetsu.co.jp/digital_book/up24/  (2月8日より公開)

Page Top